新タマネギの
丸煮
 
監修  三野武子
(横井料理学院  院長)
 


【材料:4人分】   【作り方】
       

新タマネギ4個
[だし汁3カップ、塩小さじ1/2、みりん小さじ2]
芝えび120g
干しシイタケ1枚
ピーマン1/2個
ニンジン20g
だし汁1+1/3カップ
[塩小さじ1/3、薄口しょうゆ・みりん各小さじ2]
水溶き片栗粉[片栗粉・水各大さじ1]

  (1) タマネギは皮をむいて、下部に十文字に切り込みを入れ、鍋に並べ入れる。
     
  (2) のだし汁をかぶるくらいに加え、落としブタをして柔らかくなるまで煮て、煮汁に浸けたままおいて味を含ませる。
     
  (3) あんを作る。芝えびは殻を除き、小さく刻む。干しシイタケは水で戻し、せん切りにする。
     
  (4) ピーマン、ニンジンはせん切りにし、サッとゆでる。
     
  (5) だし汁を煮立てて(3)を入れて煮、アクを取ってで味をつけ、(4)を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
     
  (6) (2)のタマネギの汁気を切って器に盛り、(5)の熱いあんをかける。
       

     
 

食べごたえタップリなのにローカロリー!

5月から7月に旬を迎えるタマネギは、ニンニクの仲間。糖質がたくさん含まれており、加熱するとこの甘みが引き出されます。独特の匂いと辛みは、硫化アリルという物質によるもの。胃の消化液の分泌を活発にし、食欲増進の効果があります。ビタミンB1の吸収を高める働きもあり、夏バテの予防にも。新タマネギは特に甘みが強く辛みが少ないため、生食にも向いています。