1. トップページ
  2. 讃さん広場ブログ


桃の季節がやってきました!

投稿日:2017年06月16日

6月も半ばとなり、今年もやってまいりました。

桃の季節です!

221

 

ご存じのとおり、讃さん広場のある飯山町は桃の産地として有名です。

6月半ば現在、出荷されているのは『はなよめ』を中心とした早生品種が主。

大きさは小さめ、色も少々薄いですがちゃんと甘くておいしい桃に出来上がっています。

220

 

箱売りの桃も、数は少なめですが出荷されています。

これか7月にかけて、『日川白鳳』、『みさか白鳳』、『加納岩白桃』などさらに大玉で甘い桃が出荷されていきます。

 

 

 

またとうもろこしも出荷のピークを迎えています!

224

 

 

また讃さん広場では6月24日~7月23日にかけて『讃さん桃まつり』を開催します。

期間中は特設コーナーにて桃の販売の他、イートインでは桃アイス、桃パフェ、桃スムージー、桃ソフトなど限定メニューを販売。

また7月9日にはビンゴゲームを開催します!さらに期間中は他にも各種イベントを開催予定!

 

桃の季節はこれからです。ご期待ください!(藤)


旬な商品をご紹介!

投稿日:2017年05月05日

すっかり葉桜になって久しく、気温も上がって新緑の季節になりました。  

出品される商品も季節と同様どんどん様変わりしています。今日はその一部をご紹介!

 

  045 

 

春の旬といえば山菜だという方も多いのではないでしょうか?

讃さん広場では毎朝、取れたての山菜がいくつも出荷されています。

画像はポピュラーな山菜のわらび。 日によってはさらに多く出荷されています。

袋にはあく抜き用の木灰も入っているものもあります。

あく抜きは、木灰(重曹でも可)をふりかけて熱湯をざっとかけ、半日ほど置いたのち水洗いして水にさらせばOK。

面倒だなーという方は、あく抜き済みわらび(冷蔵)やわらび入りの山菜おこわ等もありますので探してみて下さい!  

 

034

こちらはイタドリ。 高知県でよく食べられているそうです。

皮をむいて塩を振るか、70度ぐらいの塩水で茹でるなどして食べます。 

 

037

たらの芽、たらの葉。

てんぷらやおひたしでどうぞ。とげ無しのものもあります。

 

035

こちらはタケノコ。

気温が上がり雨が増えて大量に出荷されてきました!

前は出始めでお値段も高めでしたが、数も揃いそろそろお手頃になってくると思われます。

これからが旬ですので、ぜひお買い求めください!

 

 

 

さて、山菜以外にもいくつか春野菜をご紹介。

 

 

 

039

新たまねぎ。

真っ白なできたて新たまねぎが大量に出荷中!

赤たまねぎも続々出荷されています!

 

044

アスパラガスもどんどん増えています!

香川だけの品種、さぬきのめざめの他にパープルアスパラも出荷されていました。

 

 

 

041

緑鮮やかな豆類の数々。

日に日に未成熟豆類の出荷が増えて、毎日山のように出荷されるようになりました!

 

主なものはきぬさやえんどう、スナップえんどう、グリーンピースですが、そら豆もどんどん出荷量が増えています!

042

 

 

 

 

この他にも取れたてのフキ、出始めのきゅうりなども数多く出荷されています!

 

もう半月もすればうめの実、そして夏前になればいよいよ桃の季節です。

ご期待ください!(藤)


第2回出荷者大会!

投稿日:2017年02月26日

2月21日(火)午後二時より、綾歌総合文化会館「アイレックス」大ホールにて

「讃さん広場 第2回出荷者大会」が開催されました!

IMG_4692

 開会と理事長のあいさつの後、まずは表彰状の贈呈が「讃さん広場」に特に貢献された出荷者の方々へ行われました。

野菜部門、果実部門、花き部門、加工食品部門で計7名の方々が受賞されました。

受賞者の皆さん、おめでとうございます!

 

IMG_4696

その後は平成28年(1月1日~12月31日)の事業報告、出荷品目の対策について、運営要領の確認と注意事項、そして平成29年4月からスタートになるポイントサービスなどの説明が行われました。

 

 

 

IMG_4706

休憩をはさんで、今度はお招きした講師の山本雅之氏による講演。

お題は「どう売りますか?あなたの農産物!~讃さん広場で儲けるために~」でした。

 

 

IMG_4708

 ただ農産物を出荷するだけではなく、消費者がファーマーズマーケットにどのようなものを求めているか、そこからどのように商品力・発信力を高めていくかを分かりやすく講義していただきました。

 

最後に常務理事によるあいさつがあり、閉会となりました。

 

 

 

 

これからも、新鮮で安心・安全な農産物や加工食品等の生産に励み、また、様々なイベントを開催することによって、お客様に喜んで頂ける「讃さん広場」になるよう、いっそう努力していくことを決意する大会となりました。参加して頂いた出荷者の皆様ありがとうございました。頑張っていきましょう。


第2回讃さんクッキング教室を開催しました!

投稿日:2017年01月27日

 冬野菜の旬を迎えるなか第2回『讃さんクッキング教室』を、1月24日(火)13時から飯山学習センターにて開催しました。今回は、大根を使ったクッキング教室で、13名の方が参加してくれました。

 内容は、葉や皮まで全てを使って「大根葉のふりかけ」、「大根の皮と葉の味噌汁」、「大根のてんぷら」、「大根ステーキ」、「大根餅(焼き)」をクッキングしました。

 

クッキング1

クッキング1

 

 

 

 

 

 

 

クッキング2

クッキング2

クッキング3

クッキング3

 

 

 

 

 

 

 

【大根の栄養価】 : 根には消化酵素のアミラーゼが含まれ消化を助けます。辛み成分は胃腸の働きを助けます。葉はカロテン、ビタミンCが豊富です。また、切干大根にすると生大根と比べるとカリウムは14倍、カルシウムは23倍、食物繊維は15倍です。

 

クッキング4

クッキング4

クッキング5

クッキング5

 

 

 

 

 

 

 

 

 参加者からは、「美味しかった。」とか「作ったことのない料理で楽しかった。」などの感想を頂きました。次回も、旬な野菜を使ったクッキング教室を開催する予定(夏ごろ)です。興味のある方は、是非ご参加ください。

 

 


第2回「食べて菜」販促イベント!

投稿日:2017年01月21日

1月21日(土)、讃さん広場で「食べて菜」の販促イベントが行われました!

 

017

 

昨年11月12日(土)にも行われ、当ブログでもご紹介しましたが、今回は「食べて菜」をちょっと詳しくご紹介します。

 

014

 

あまり知らない野菜を見た人がまず始めに気にするのは、やっぱり「どうやって食べたらいいの?」ではないでしょうか。

そのために、「食べて菜」の試食ではおひたしとスープが用意されていました。

これだとそのままの「食べて菜」を味わってみることができます。

 

019

 

よくある葉物野菜と比較するならば、「ほうれん草」よりは歯ごたえがあり、「小松菜」よりは苦味が少なくやわらかいようです。

クセのようなものは全くありません。

おかげでおひたしでも柔らかく、スープでもとろけ過ぎずおいしく食べられます!

柔らかいので生でサラダにしてもOKだそうです。

 

お客さまにも「おいしい!」と好評。

お客さまにも「おいしい!」と好評。

 

 

 

「食べて菜」を使ったお惣菜も販売していました。

「食べて菜アーモンド和え」と「食べて菜コロッケ」です。

013

このようになんにでもおいしく使えるところが「食べて菜」の特徴です。

学校給食に使われているのも納得です!

 

 

015

イベントでは「食べて菜」そのものの販売はもちろん、種やパンフレットの配布も行われていました。

「食べて菜」は10月~2月の寒い時期に一番多く出回りますが、一年を通じて栽培でき、味の変化も少ないそうです。

種はふれあいセンターにも置いてあるそうです。無ければ取り寄せもできるそうですので、探してみてください。

 

 

何度かのイベントを経て、栽培する出荷者さんも商品も徐々に増えてきたようです。

イベントもお客様に大好評でした!

皆さんも是非一度「食べて菜」を食べてみてください!(藤)